平均株主資本

平均株主資本は、株主資本利益率の計算結果を平滑化するために使用される平均化の概念です。この概念は、より信頼できる自己資本利益率の測定をもたらします。平均株主資本の計算は、開始株主資本と終了株主資本を2で割ったものです。この情報は、会社の貸借対照表に記載されています。結果の式は次のとおりです。

(開始株主資本+終了株主資本)÷2 =平均株主資本

この概念は、企業が大量の株式を売却した期間の投資収益率を測定する場合に最も役立ちます。この場合、最終株主資本の数値は開始値よりもはるかに高くなるため、株主資本利益率の計算は大幅に低くなります。時間の経過とともに株式の売り上げが少ない場合、これは、事業の全体的な収益が時間の経過とともにほぼ同じであっても、株主資本利益率のトレンドラインが株式の売り上げのどの期間でも急激な落ち込みを示すことを意味します。

この概念は、次のように、平均が分母で示される自己資本利益率の式に直接組み込むことができます。

純利益÷((開始株主資本+終了株主資本)÷2)=株主資本利益率