コストと価格

コストプラス価格設定では、商品やサービスのコストにマークアップを追加して、販売価格に到達します。このアプローチでは、製品の直接材料費、直接人件費、および間接費を合計し、それにマークアップ率を追加して、製品の価格を導き出します。コストプラス価格設定は、顧客契約内でも使用できます。顧客は、発生したすべてのコストを売り手に払い戻し、発生したコストに加えて交渉による利益も支払います。

コストプラス計算

例として、ABC Internationalは、次のコストを含む製品を設計しました。

  • 直接材料費= $ 20.00

  • 直接人件費= $ 5.50

  • 割り当てられたオーバーヘッド= $ 8.25

同社は、すべての製品に標準の30%マークアップを適用しています。この製品の価格を算出するために、ABCは、記載されているコストを合計して33.75ドルの合計コストを算出し、この金額に(1 + 0.30)を掛けて、43.88ドルの製品価格を算出します。

コストプラス価格設定の利点

コストプラス価格設定方法を使用する利点は次のとおりです。

  • シンプル。この方法を使用して製品価格を導出するのは非常に簡単ですが、複数の製品の価格を一貫して計算するために、間接費配分方法を定義する必要があります。

  • 保証された契約利益。請負業者は、コストの払い戻しと利益の確保が保証されているため、顧客との契約上の合意にこの方法を受け入れる用意があります。そのような契約で損失のリスクはありません。

  • 正当化できる。サプライヤが顧客に値上げの必要性を説得しなければならない場合、サプライヤはコストの上昇を上昇の理由として指摘することができます。

コストプラス価格設定のデメリット

  • 競争を無視します。企業は、コストと計算式に基づいて製品価格を設定し、競合他社が大幅に異なる価格を請求していることに気付いたときに驚かれる場合があります。これは、企業が達成できると期待できる市場シェアと利益に大きな影響を及ぼします。同社は、価格が低すぎて潜在的な利益を提供するか、価格が高すぎてわずかな収益を達成することになります。

  • 製品のコスト超過。この方法では、エンジニアリング部門には、ターゲット市場に適した機能セットと設計特性を備えた製品を慎重に設計するインセンティブがありません。代わりに、部門は単に必要なものを設計し、製品を発売します。

  • 契約コスト超過。コストと価格設定の取り決めの下でサプライヤーを雇用する政府機関の観点からは、サプライヤーはその支出を削減するインセンティブを持っていません-それどころか、それは返済できるように契約にできるだけ多くのコストを含めるでしょう。したがって、契約上の取り決めには、サプライヤーに対するコスト削減のインセンティブを含める必要があります。

  • 交換費用を無視します。この方法は取得原価に基づいており、その後変更された可能性があります。最も即時の交換費用は、企業が負担する費用をよりよく表しています。

コストプラス価格の評価

この方法は、主に競合他社が請求する価格を考慮していないため、競争市場で販売される製品の価格を導き出すには受け入れられません。したがって、この方法では、製品の価格が大幅に高くなる可能性があります。さらに、価格は市場が支払う意思に基づいて設定する必要があります。これにより、この価格設定方法を使用して通常割り当てられる標準マージンとは大幅に異なるマージンが生じる可能性があります。

サプライヤーには下振れリスクがないため、コストと価格設定は契約状況においてより価値のあるツールです。ただし、契約に基づく償還に許容される費用を必ず確認してください。契約条件が非常に制限されているため、サプライヤが多くのコストを払い戻しから除外する必要があり、損失が発生する可能性があります。