最小現金残高

最小現金残高は、計画外の現金流出を相殺するために手元に保管されている現金準備金です。この安全バッファーがないと、企業は請求書を支払うことができない場合があります。最小現金残高の使用は、特定の金額の現金が他の場所に投資されたり、負債を返済するために使用されたり、配当として投資家に返還されたりするのではなく、銀行口座に維持されることを意味します。

現金の流入と流出のタイミングと量に大きな違いがある環境では、最小の現金残高が最も必要です。