どの財務諸表が最も重要ですか?

財務諸表の主要な構成要素は、損益計算書、貸借対照表、およびキャッシュフロー計算書です。これらの記述は、事業の財政状態および業績の全体像を提示するために、全体としてとられるように設計されています。最終的な答えはユーザーのニーズによって異なりますが、最も重要な財務諸表ごとにケースを作成できます。これらの財務諸表のそれぞれを最も重要なものとして支持する重要なポイントは次のとおりです。

  • 損益計算書。大多数のユーザーにとって最も重要な財務諸表は、企業が利益を生み出す能力を明らかにするため、損益計算書である可能性があります。また、損益計算書に記載されている情報は、ほとんどが比較的現在のドルであるため、妥当な程度の正確さを表しています。ただし、利益を生み出すために必要な資産と負債の金額は明らかにされておらず、その結果は必ずしも事業によって生み出されるキャッシュフローと同じではありません。また、現金主義の会計を使用する場合、この文書の正確性が疑われる可能性があります。したがって、損益計算書を単独で使用すると、多少誤解を招く可能性があります。

  • バランスシート。貸借対照表は、経営成績を明らかにしていないため、多くのユーザーによって3番目にランク付けされる可能性があり、そこに記載されている数値の一部は取得原価に基づいている可能性があり、レポートの情報が少なくなります。それにもかかわらず、貸借対照表は、損益計算書に示されている売上と利益をサポートするために必要な投資額を明らかにするため、損益計算書と組み合わせると非常に重要です。

  • キャッシュフロー計算書。最も重要な財務諸表の候補として考えられるのは、キャッシュの流入と流出の変化のみに焦点を当てているため、キャッシュフロー計算書です。このレポートは、損益計算書よりも企業のキャッシュフローをより明確に示しています。損益計算書は、特に発生主義で発生主義が義務付けられている場合に、結果が歪むことがあります。

質問を見る別の方法は、どの2つのステートメントが最も多くの情報を提供するかということです。その場合、キャッシュフロー計算書はこれら2つのドキュメントから作成できるため、最良の選択は損益計算書と貸借対照表です。このトピックのさらに別のバリエーションは、ユーザーの視点に基づいて、どのステートメントが最も重要であるかを推測することです。例えば:

  • 監査人の視点。監査人は貸借対照表を監査するので、それが彼らが最も関心を持っている文書です。

  • 投資家の視点。株価の投資家分析は主にキャッシュフローに基づいているため、キャッシュフロー計算書に最も関心があります。

  • 弁護士の視点。会社に対して訴訟を起こす人は誰でも、最初に貸借対照表を見直して、訴訟が成功した場合に添付するのに十分な資産があるかどうかを確認する必要があります。そうでなければ、訴訟を起こすことは費用効果が高くありません。

  • 管理の観点。マネージャーはビジネスを微調整する責任があるので、損益計算書を最も深く掘り下げる可能性があります。