間接労働

間接労働は、生産プロセスをサポートするが、材料から最終製品への積極的な変換には直接関与しない労働のコストです。間接労働ポジションの例は次のとおりです。

  • 製造監督者

  • 購買スタッフ

  • マテハンスタッフ

  • 資材管理スタッフ

  • 品質管理スタッフ

これらのタイプの間接労働のコストは、工場のオーバーヘッドに請求され、そこからレポート期間中に製造された生産単位に請求されます。これは、生産プロセスに関連する間接労働のコストが、最終的な在庫または売上原価のいずれかになってしまうことを意味します。

間接労働は、次のような多くの種類の管理労働ポジションも指します。

  • 任意の会計ポジション

  • 任意のマーケティングポジション

  • 任意のエンジニアリングポジション

これらのポジションの費用は生産活動まで追跡できないため、発生時に費用として請求されます。

両方のタイプの間接労働のコストは、財務分析または原価計算の目的で、福利厚生および給与税のコストで完全にロードできます。これらの追加コストは、間接労働のポジションと密接に関連しているためです。