元帳勘定

元帳勘定には、商取引の記録が含まれています。これは、特定の資産、負債、資本項目、収益タイプ、または費用タイプに割り当てられる総勘定元帳内の個別のレコードです。元帳勘定の例は次のとおりです。

  • 現金

  • 売掛金

  • 在庫

  • 固定資産

  • 買掛金勘定

  • 未払費用

  • 債務

  • 株主資本

  • 収益

  • 売上原価

  • 給料・賃金

  • 事務費

  • 減価償却

  • 所得税費用

情報は、開始残高と終了残高のある元帳勘定に保存されます。これらの残高は、会計期間中に借方と貸方で調整されます。個々のトランザクションは、トランザクション番号またはその他の表記で元帳アカウント内で識別されるため、トランザクションが元帳アカウントに入力された理由を調べることができます。トランザクションは、顧客への請求やサプライヤの請求書の記録などの通常のビジネスアクティビティによって発生する場合もあれば、仕訳入力の使用を必要とするエントリの調整を伴う場合もあります。

元帳勘定の情報は、試算表レポートに表示される勘定レベルの合計に要約され、それが財務諸表の作成に使用されます。

元帳勘定は、会計ソフトウェアパッケージが使用されている場合は電子記録の形式を取り、会計記録が手作業で保持されている場合は書面による元帳のページの形式をとることができます。

同類項

元帳勘定は勘定とも呼ばれます。