金利収入

利息収入は、特定の期間に獲得した利息の額です。この金額を投資残高と比較して、企業が生み出している投資収益率を見積もることができます。利息の金額は現金で支払われた可能性があります。または、獲得されたがまだ支払われていないものとして発生した可能性があります。後者の場合、受取利息は現金の受け取りが可能である場合にのみ記録する必要があり、受け取る支払いの金額を確認できます。

利息収入は、普通預金口座や譲渡性預金など、利息を支払う投資から得られます。これは、会社の普通株式または優先株式の保有者に支払われ、発行会社の利益剰余金の分配を表す配当と同じではありません。また、延滞売掛金に対して顧客が支払うペナルティは、第三者(顧客)による会社の資金(売掛金など)の使用に基づいているため、受取利息と見なされる場合があります。一部の企業は、このタイプの収入をペナルティ収入として指定することを好みます。

受取利息は、総勘定元帳の受取利息勘定に記録されます。この項目は通常、損益計算書の支払利息とは別に表示されます。

利息収入は通常課税対象です。この形態の所得には通常の所得税率が適用されます。

銀行では、預金に対して支払われた金額を超える投資で得られた利息の超過額は、純利息収入と呼ばれます。