処分勘定

処分勘定は、損益計算書に表示される損益勘定であり、処分収益と処分される固定資産の正味帳簿価額との差額が記録されます。アカウントには通常、「資産処分の利益/損失」というラベルが付いています。このようなトランザクションの仕訳は、固定資産勘定と減価償却累計額の残高を逆にしながら、元の資産原価と減価償却累計額(存在する場合)の正味差額を処分勘定から借方に記入することです。売却による収入がある場合は、このアカウントにも記録されます。したがって、エントリの項目は次のとおりです。

  • 資産に対してすでに記録されている減価償却の累積額を取り消すために、減価償却累計額を借方に記入し、処分勘定に貸方記入します。

  • 売却による収益を現金口座から引き落とし、処分口​​座に貸方記入します。

  • 処分に損失がある場合は、処分勘定から借方に記入します

  • 固定資産勘定に貸方記入して資産の元のコストを逆にし、処分勘定から借方に記入します

  • 処分に利益がある場合は、処分勘定に貸方記入します

また、資産の消去および関連する減価償却累計額に関連する相殺借方および貸方、ならびに受け取った現金を一時処分勘定に累積し、この勘定の正味残高を「利益/」に振り替えることもできます。資産処分による損失」勘定。ただし、これはより長いアプローチであり、処分勘定自体を利益または損失勘定として扱うよりも、それほど透明性が低く、効率がやや劣るため、推奨されません。

処分勘定の例

次の仕訳は、固定資産が削除される典型的なトランザクションを示しています。資産の元のコストは10,000ドルで、減価償却累計額は8,000ドルです。会計記録から完全に削除したいので、資産勘定科目に10,000ドルを貸方記入し、減価償却累計額勘定科目に8,000ドルを借方記入し、処分勘定科目に2,000ドルを借方記入します(これは損失です)。