貸借対照表と損益計算書の違い

貸借対照表と損益計算書にはいくつかの違いがあり、以下の点で概説されています。

  • タイミング。貸借対照表は特定の時点での組織の財務状況の状況を明らかにし、損益計算書は一定期間の会社の結果を明らかにします。たとえば、12月に発行される財務諸表には、12月31日現在の貸借対照表と12月の損益計算書が含まれます。

  • 報告されアイテム。貸借対照表は資産、負債、および資本を報告し、損益計算書は純利益または純損失につながる収益と費用を報告します。

  • メトリック。貸借対照表のさまざまな項目を相互に比較してビジネスの流動性を導き出し、損益計算書の小計を売上高と比較して粗利益率、営業利益率、および純利益率を決定します。

  • 用途-管理。貸借対照表は、事業がその義務を果たすのに十分な流動性を持っているかどうかを判断するために経営者によって使用され、損益計算書は結果を調べ、修正が必要な運用上または財務上の問題を見つけるために使用されます。

  • 用途-債権者と貸し手。債権者と貸し手は、貸借対照表を使用して、事業が過剰にレバレッジされているかどうかを確認します。彼らは損益計算書を使用して、企業が負債を完済するのに十分な利益を生み出しているかどうかを判断します。

  • 相対的な重要性。2つのレポートの重要性は読者によって異なりますが、一般的な見解では、損益計算書は企業の結果を報告するため、貸借対照表は損益計算書の2番目に重要です。