監査人の意見

監査人の意見は、クライアントの財務諸表に関して監査人が行う正式な声明です。監査意見には、無資格意見、有資格意見、不利意見の3種類があります。無条件の意見は、財務諸表はクライアントの財務結果と財政状態を公正に反映していると述べています。適格意見は、監査の範囲に制限があることを示し、検証できなかった特定の情報を説明する場合があります。反対意見は、クライアントの財務諸表に重大な問題があることを示しています。別の考えられる結果は免責事項であり、監査人は、財務記録の欠如またはクライアントの経営陣による協力の欠如などの要因のために財務諸表に関して意見を述べることができないと述べています。