半月と隔週の給与の違い

半月と隔週の給与の違いは、半月の給与は年に24回支払われ、隔週の給与は年に26回支払われることです。半月ごとの給与は、月に2回、通常は月の15日と最後の日に支払われます。これらの支払日のいずれかが週末に当たる場合、代わりに前の金曜日に給与が支払われます。隔週の給与は隔週、通常は金曜日に支払われます。

効率の観点からは、準備する給与が1年に2つ少ないため、半月ごとの給与が望ましいです。また、月末調整エントリの必要性が少ないため、半月方式では正しい月に給与と賃金を配分する方がやや簡単です。

従業員との関係の観点からは、従業員は月に約2回支払われることに慣れており、その後、毎年2回の追加の「無料」給与を受け取るため、隔週の給与が望ましいです。さらに、週末や休日の存在によって加速または遅延する可能性のある領収書よりも、従業員が隔週の金曜日に現金領収書の予算を立てる方が簡単です。

組織の観点からは、処理ステップは常に毎週同じ日に行われるため、給与計算スタッフが隔週の給与計算を準備する方がやや簡単です(休日が干渉しない限り)。半月ごとの給与計算を使用する場合、支払い日は特定の曜日に固定されていないため、処理ステップは曜日ごとに常にシフトします。

一部の組織は、サラリーマンには半月ごとのアプローチを使用し、時間単位の従業員には隔週の給与を使用して、給与の組み合わせを決定します。効率の観点から、重要な点は、ここに示す方法のいずれかを優先して、毎週の給与計算を回避し、それによって給与計算の総数を半分に減らすことです。