資産と負債の違い

資産と負債の主な違いは、資産は将来の経済的利益を提供し、負債は将来の義務を提示することです。成功したビジネスの指標は、流動性の程度が高いことを示しているため、負債に対する資産の比率が高いものです。

資産と負債の違いに関連する他のいくつかの問題があります。それは次のとおりです。

  • また、短期間に資産を現金に変換する企業の能力を調べる必要があります。負債よりもはるかに多くの資産があるとしても、資産を現金に変換できなければ、企業はタイムリーに負債を支払うことができません。

  • 資産と負債の合計の差は資本であり、これは事業の所有者の正味の残余所有権です。

個人の場合、主な資産は彼または彼女の家である可能性があります。これを相殺するのは住宅ローンであり、これは負債です。住宅資産と住宅ローンの違いは、住宅の所有者の資本です。