減価償却の会計仕訳

減価償却の会計処理には、固定資産に費用を請求し、最終的には認識を中止するための継続的な一連のエントリが必要です。これらのエントリは、長期にわたる固定資産の継続的な使用を反映するように設計されています。

減価償却とは、資産の予想耐用年数にわたる資産の費用を段階的に請求することです。減価償却を使用して固定資産の記録コストを徐々に削減する理由は、会社が固定資産によって生成された収益を記録すると同時に、資産の費用の一部を認識するためです。したがって、単一の会計期間で固定資産全体の費用を費用に請求したが、それが将来にわたって収益を生み出し続けた場合、収益がマッチングされないため、これはマッチング原則の下で不適切な会計トランザクションになります。関連費用。

実際には、収益が特定の固定資産に直接関連付けられるとは限りません。代わりに、生産システム全体または資産のグループに簡単に関連付けることができます。

減価償却の仕訳は、すべてのタイプの固定資産に対応するように設計された単純なエントリにすることも、固定資産のタイプごとに個別のエントリに分割することもできます。

減価償却の基本的な仕訳は、減価償却費勘定(損益計算書に表示されます)を借方に記入し、減価償却累計額勘定(固定資産の金額を減らす反対勘定として貸借対照表に表示されます)に貸方記入することです。時間の経過とともに、減価償却累計額は、減価償却が追加されるにつれて、資産の元のコストと等しくなるまで増加し続けます。その時点で、資産のコストがゼロに削減されたため、減価償却費の記録を停止します。

たとえば、ABC Companyは、今月に25,000ドルの減価償却費が必要であると計算しています。エントリは次のとおりです。