企業の長所と短所

企業は州法に基づいて組織された法人であり、その投資家はその所有権の証拠として株式を購入します。法人構成のメリットは次のとおりです。

  • 有限責任。企業の株主は、投資額までしか責任を負いません。企業体はそれ以上の責任から彼らを保護するので、彼らの個人資産は保護されます。

  • 資本の源。特に上場企業は、株式を売却したり、債券を発行したりすることで、かなりの金額を調達することができます。

  • 所有権の譲渡。株主が企業の株式を売却することは特に難しいことではありませんが、企業が非公開である場合はさらに困難になります。

  • 永遠の命。所有権は何世代にもわたる投資家を通過する可能性があるため、企業の存続期間に制限はありません。

  • パススルー。法人がS法人である場合、損益は株主に転嫁されるため、法人税はかかりません。

企業のデメリットは次のとおりです。

  • 二重課税。企業の種類によっては、所得に対して税金を支払う場合があり、その後、株主は受け取った配当に対して税金を支払うため、所得に2回課税することができます。

  • 過剰な税務申告。法人の種類によっては、さまざまな種類の所得税やその他の税金を支払う必要があり、かなりの事務処理が必要になる場合があります。このシナリオの例外は、前述のようにS法人です。

  • 独立した管理。明確な過半数の関心を持たない投資家が多い場合、企業の経営陣は、所有者からの実際の監視なしに事業を運営することができます。

民間企業には、株式を一般に売ることができない少数の投資家グループがいます。公開会社は、その株式を証券取引委員会(SEC)に登録し、一般の人々が取引できる証券取引所に上場している場合もあります。 SECと証券取引所の要件は厳格であるため、公開されている企業は比較的少数です。