反対の収入

コントラ収益は、企業によって報告された総収益からの控除であり、純収益になります。対収益取引は、通常は借方残高がある1つ以上の対収益勘定に記録されます(通常の収益勘定の貸方残高とは対照的です)。一般的に使用される3つの逆収益勘定があります。

  • 売上は戻ります。返品に対する引当金、または返品に起因する実際の収益控除額のいずれかが含まれます。

  • 販売手当。軽微な欠陥のある製品の値下げに対する引当金、または特定の販売に起因する実際の引当金の金額が含まれています。

  • 売上割引。顧客に与えられる販売割引の金額が含まれます。これは通常、顧客による早期支払いと引き換えに与えられる割引です。

販売アカウント内にコントラ収益を記録することもできますが、これは、報告された収益の合計額に埋もれてしまうため、管理者がコントラ収益の金額を簡単に判断できないことを意味します。あなたの会社の対収益活動が最小限である場合、これらの取引を収益勘定に記録することは許容されます。

売上の返品を個別にトレンドラインで追跡することは特に重要です。これは、顧客に返品を引き起こしている会社の製品の問題の重要な証拠を提供する可能性があるためです。

総収入からの控除として、反対の収入勘定が損益計算書の上部近くに表示されます。これらの広告申込情報の金額が最小限の場合、レポートの目的で1つの反対収益の広告申込情報に集約される場合があります。