流動性の順序

流動性の順序は、資産を現金に変換するのに通常かかる時間の順序で貸借対照表に資産を表示することです。したがって、常に現金が最初に提示され、次に市場性のある有価証券、売掛金、在庫、固定資産の順に提示されます。のれんは最後に記載されています。各種類の資産を現金に変換するのに必要なおおよその時間は、以下のとおりです。

  1. 現金。変換は必要ありません。

  2. 有価証券。ほとんどの場合、現金に換金するには数日かかる場合があります。

  3. 売掛金。会社の通常の信用条件に従って現金に変換するか、売掛金を因数分解してすぐに現金に変換できます。

  4. 在庫。売上高のレベルと、再販市場が整っていない在庫品目の割合によっては、現金に変換するのに数か月かかる場合があります。大幅な割引を受け入れずに現金に換金することさえ不可能かもしれません。

  5. 固定資産。現金への変換は、これらのアイテムのアクティブなアフターマーケットの存在に完全に依存します。

  6. のれん。これは、適切な価格で事業を売却した場合にのみ現金に変換できるため、最後に記載する必要があります。

流動性の概念はそれらに適用されないため、流動性の概念の順序は、損益計算書の収益または費用には使用されません。

要するに、流動性の概念の順序は、貸借対照表にリストされている資産の論理的なソート順序になります。