貸借対照表の目的

貸借対照表の目的は、特定の時点における事業の財務状況を明らかにすることです。このステートメントは、エンティティが所有しているもの(資産)と借りている金額(負債)、およびビジネスに投資されている金額(資本)を示しています。この情報は、複数の連続する期間の貸借対照表をグループ化して、さまざまな明細の傾向を表示できる場合に、より価値があります。

組織の短期的な財務状況を理解するために使用できる情報のサブセットがいくつかあります。流動資産の小計を流動負債の小計と比較すると、企業が短期的に十分な資金を利用して短期債務を返済できるかどうかを見積もることができます。

また、負債の合計額を貸借対照表に記載されている資本の合計額と比較して、結果として得られる負債/資本比率が危険なほど高いレベルの借入を示しているかどうかを確認することもできます。この情報は、追加のクレジットの延長が不良債権につながる可能性があるかどうかを知りたい貸し手と債権者にとって特に役立ちます。

投資家は、貸借対照表の現金の金額を調べて、配当を支払うのに十分な資金があるかどうかを確認することを好みます。ただし、この判断は、事業に追加の資金を投資する必要性に基づいて調整する必要がある場合があります。

事業の潜在的な買収者は、貸借対照表を調べて、原資産の事業に害を及ぼすことなく剥奪される可能性のある資産があるかどうかを確認します。たとえば、取得者は、報告された在庫残高を売上高と比較して、過剰在庫の存在を示すことができる在庫回転率レベルを導き出すことができます。同じ比較を売掛金にも適用できます。または、固定資産の合計を売上高と比較して固定資産の回転率を導き出し、それを同じ業界のクラス最高の企業と比較して、固定資産への投資が高すぎるかどうかを確認することもできます。

要するに、貸借対照表の目的は基本的に組織の財務状況を明らかにすることですが、ユーザーは自分のニーズに応じて、ステートメント内のさまざまな情報に焦点を当てることができます。