前払いの会計処理方法

前払いは、売り手が商品を出荷したり、買い手にサービスを提供したりする前に、売り手が買い手から支払いを受け取ったときに行われます。前払いは、次の3つの状況で発生する可能性があります。

  • 買い手は注文に対して優先的な扱いを望んでいます

  • 売り手は買い手に信用を与えることを拒否します

  • 買い手は会計の現金ベースであり、早期に支払うことによって費用を早期に記録したいと考えています

前払の会計処理

買い手と売り手の両方の観点から、前払いの会計処理について説明します。

  • バイヤーの視点。購入者の観点からは、前払いは前払費用勘定への借方および現金勘定への貸方として記録されます。前払いアイテムが最終的に消費されると、関連する費用勘定が借方に記入され、前払い費用勘定が貸方に記入されます。バイヤーはプリペイド経費勘定を使いすぎる可能性があり、その結果、多数の小さなプリペイドアイテムが追跡されます。あまりにも多くのアイテムを追跡する費用を回避するために、前払い会計は、前払いが特定の最小しきい値を超えた場合にのみ使用する必要があります。他のすべての支出は、まだ消費されていない場合でも、費用として請求する必要があります。

  • 売り手の視点。売り手の観点からは、前払いは、前払いの負債勘定への貸方、および現金勘定への借方として記録されます。前払いの顧客注文が最終的に出荷されると、前払い勘定が借方記入され、関連する収益勘定が貸方記入されます。前払いが少ない傾向があるため、これらのアイテムは比較的簡単に追跡できます。

つまり、前払いは、買い手が資産として、売り手が負債として記録されます。これらの項目は、通常1年以内に解決されるため、通常、各当事者の貸借対照表にそれぞれ流動資産および流動負債として記載されています。

たとえば、企業は1年間に及ぶインターネット広告に12,000ドルを前払いします。会社は最初に全額を前払い費用勘定に請求し、その後、支出の使用を反映するために、その後の各月にその1,000ドルを広告費用勘定に請求します。前払費用資産は、年末までに消去されます。

別の例として、除雪会社は、次の4か月ごとに駐車場を耕すのと引き換えに、顧客から10,000ドルの前払い金を受け取ります。耕作会社は、最初に領収書を負債として記録し、その後、次の4か月のそれぞれで月額2,500ドルの割合で金額を収益勘定に比例的にシフトします。