現金主義

現金主義は、対応する現金が受領されたとき、または支払いが行われたときにのみ、収益と費用の会計取引を記録する方法です。したがって、顧客が請求された製品またはサービスの料金を支払った場合にのみ収益を記録し、会社が支払った場合にのみ買掛金を記録します。多くの中小企業の所有者は、主に小切手帳で商取引を記録している場合、それを認識せずに現金主義を使用している可能性があります。

現金主義会計は、小規模事業体の税務目的でのみ許可されており、一般に認められている会計原則または国際財務報告基準では受け入れられません。現金主義は、以下の状況で役立ちます。

  • 会計のより複雑な発生主義に精通していない会計担当者がいるより単純な会計システムの場合

  • 追跡または評価する在庫がない場合

  • 貸し手が要求する可能性があるように、監査の必要がない場合

  • 会社がサービス事業を営んでいる場合(在庫がないことを意味します)

収益は関連費用が認識される期間とは異なる期間に認識される可能性があるため、現金主義は不正確な結果をもたらす可能性があります。その結果、報告された利益が誤って高くなったり低くなったりする可能性があり、必ずしもそうではない場合でも、ビジネスの利益は月ごとに大きく異なるという印象につながります。

同類項

現金主義は、会計の現金システムとしても知られています。