コストプール

コストプールは、通常、部門またはサービスセンターごとに、個々のコストをグループ化したものです。次に、原価プールから原価配分が行われます。たとえば、保守部門のコストはコストプールに累積され、そのサービスを使用してそれらの部門に割り当てられます。

コストプールは、いくつかの会計フレームワークで必要とされるように、生産単位への工場のオーバーヘッドの割り当てに一般的に使用されます。また、活動基準原価計算で原価を活動に割り当てるためにも使用されます。高度に洗練されたレベルでコストを割り当てたい企業は、いくつかのコストプールを使用してそれを行うことを選択できます。