効率の計算式

効率方程式は、操作からの作業出力と、同じ操作への作業入力の比較です。「作業」の量は、時間、労力、容量、またはより具体的な項目を指す場合があります。高レベルの効率は、無駄な時間、労力、容量、材料などが最小限であることを意味します。これは、ビジネスにおける高レベルの競争力と収益性につながる可能性があります。効率の公式は次のとおりです。

(作業出力÷作業入力)x 100%=効率

この定義の仕事量は、有用な仕事量であると見なされます。つまり、すべてのスクラップ、腐敗、および廃棄物は分子から除外されます。効率式は、モーターの効率の調査やエネルギー利用の定量化など、さまざまな分野で使用できます。この概念は、原価計算で最も完全に形式化されています。例えば:

  • 労働効率の差異。これは、実際の労働時間から標準労働時間を差し引き、1時間あたりの標準人件費を掛けたものです。

  • 材料歩留まりの差異。これは、実際に使用されたユニット数から、使用が予想される標準量を差し引いたものに、ユニットあたりの標準コストを掛けたものです。

  • 可変オーバーヘッド効率の差異。これは、実際の労働時間と標準の労働時間の差に、標準の間接費を掛けたものです。この割り当てには、作業時間以外の割り当ての基準を使用できます。

要するに、効率方程式の一般的な概念は、多くの特定の領域に適用できます。これらの領域内では、定義や名前が異なる場合があります。