財務諸表の主張

財務諸表アサーションは、組織の経営者が財務諸表に関して行った主張です。アサーションは、外部監査人が一連の監査手順を開発するための理論的基礎を形成します。これらのアサーションは次のとおりです。

  • 精度。財務諸表に含まれるすべての情報は正確に記録されています。

  • 完全性。開示すべきすべての情報は、財務諸表および付随する脚注に含まれているため、読者は企業の業績および財政状態の全体像を把握することができます。

  • カットオフ。トランザクションは正しいレポート期間にまとめられています。

  • 存在。財務諸表に記録されている情報は、実際にはその年の間に発生したものです。不正な取引は、この主張に違反する可能性が最も高いです。

  • 権利と義務。企業は、報告している資産を受け取る権利があり、すべての義務を負債として報告しています。

  • 理解しやすさ。財務諸表に含まれる情報は明確に提示されており、企業の業績や財政状態を難読化する意図はありません。

  • 評価。財務諸表に要約されている取引は適切に評価されました。これは、取引を最初またはその後に市場価格で記録する必要がある場合に特に懸念されます。

監査手順の結果、前述の主張のいずれかが正しくないと結論付けられた場合、監査人は追加の監査手順を実施する必要があるか、または明確な監査意見をまったく提供できない可能性があります。

経営者が財務諸表の作成において不正を犯している場合、前述の主張のすべてが誤りであることが判明する可能性があります。