継続企業の原則

継続企業の原則は、企業が予見可能な将来にわたって事業を継続するという仮定です。逆に、これは、企業が事業を停止し、短期的には非常に低い投売り価格で資産を清算することを余儀なくされないことを意味します。この仮定を行うことにより、会計士は、企業がおそらく事業を継続し、可能な限り最も効果的な方法で資産を使用する後の期間まで、特定の費用の認識を延期することが正当化されます。

反対の重要な情報がない場合、企業は継続企業であるとみなされます。そのような反対の情報の例は、実質的な資産売却または債務再編なしに期限が到来したときに企業がその義務を履行できないことです。そうでない場合、企業は本質的に、事業を閉鎖し、資産を他の当事者に転売することを意図して資産を取得することになります。

事業体が継続企業の前提ではなくなったと会計士が信じる場合、これはその資産が減損しているかどうかの問題を提起し、それは彼らの帳簿価額を彼らの清算価値に評価減することを要求するかもしれない。したがって、継続企業であると想定される事業体の価値は、継続企業が利益を上げ続ける可能性があるため、分割価値よりも高くなります。

継続企業の概念は、一般に認められている会計原則のどこにも明確に定義されていないため、企業がいつ報告すべきかに関してかなりの量の解釈が必要です。ただし、一般に認められている監査基準(GAAS)、継続企業として存続する企業の能力の検討に関して監査人に指示します。

監査人は、監査対象の財務諸表の日付から1年以内の期間、継続企業として存続する企業の能力を評価します。監査人は、継続企業として存続する企業の能力について実質的な疑いがあるかどうかを判断する際に、(他の問題の中でも)以下の項目を考慮します。

  • 一連の損失など、経営成績のマイナス傾向

  • 会社によるローンのデフォルト

  • サプライヤーによる会社への貿易信用の拒否

  • 会社が受ける非経済的な長期的コミットメント

  • 会社に対する訴訟手続き

問題がある場合、監査事務所はその問題に関する声明で監査報告書を修飾する必要があります。

企業は、第三者に事業の債務を保証させるか、必要に応じて追加の資金を提供することに同意することにより、継続企業の前提に関する監査人の見解を緩和することができます。そうすることにより、監査人は、GAASによって規定された1年間、事業が機能し続けることが合理的に保証されます。