責任センター

責任センターは、独自の目標と目的、専任のスタッフ、ポリシーと手順、および財務報告を持つビジネス内の機能エンティティです。これは、発生した収益、発生した費用、および/または投資した資金に対する特定の責任を管理者に与えるために使用されます。これにより、会社の上級管理職は、ビジネスのすべての財務活動と結果を特定の従業員までさかのぼることができます。そうすることで説明責任が維持され、従業員のボーナス支払いの計算にも使用される場合があります。責任センターは、次の4つのタイプのいずれかになります。

  • 収益センター。このグループは、売上を生み出す責任を単独で負っています。典型的な収益センターは営業部門です。

  • コストセンター。このグループは、特定の費用の発生に対して単独で責任を負います。典型的なコストセンターは用務部門です。

  • 利益センタ。このグループは、収益と費用の両方に責任があり、その結果、利益と損失が発生します。典型的な利益センタは、製品マネージャが責任を負う製品ラインです。

  • 投資センター。このグループは、利益だけでなく、グループの運営に投資された資金の収益にも責任があります。典型的な投資センターは子会社であり、子会社の社長が責任を負います。

ビジネスには多くの責任センターが存在する可能性がありますが、そのようなセンターは1つ以上です。したがって、責任センターは通常、ビジネスのサブセットです。これらのセンターは通常、会社の組織図に記載されています。

会計の観点から、各センターのマネージャーが単独で責任を負う収益、費用、利益、および/または投資収益率を項目化した財務レポートを各責任センターに発行する必要があります。これにより、非常に多くのカスタマイズされたレポートが継続的に発行される可能性があります。

複数の責任センターを使用するには、各センターを開発し、その結果を追跡し、さまざまなマネージャーとの期待を管理するために、ある程度の企業インフラストラクチャが必要です。