中間財務諸表

中間財務諸表は、1年未満の期間をカバーする財務諸表です。これらは、通常の報告年が終了する前の発行体のパフォーマンスに関する情報を伝達するために使用されるため、投資家は密接にフォローしています。この概念は、四半期ごとにこれらのステートメントを発行する必要がある公開企業に最も一般的に適用されます。これらの事業体は、第1四半期、第2四半期、および第3四半期について、年に3セットの中間報告書を発行します。その年の最終報告期間は年末の財務諸表に含まれているため、中間財務諸表に関連しているとはみなされません。

中間財務諸表の概念は、過去5か月などの任意の期間に適用できます。技術的には、「中間」の概念は貸借対照表には適用されません。この財務諸表は、一定期間ではなく、特定の時点の資産、負債、および資本のみを参照しているためです。

中間財務諸表には、年次財務諸表と同じ文書、つまり、損益計算書、貸借対照表、およびキャッシュフロー計算書が含まれています。これらのドキュメントに表示される項目は、年次財務諸表に表示される項目とも一致します。中間報告書と年次報告書の主な違いは、次の分野にあります。

  • 開示。一部の付随する開示は、中間財務諸表では必要とされないか、より要約された形式で提示することができます。

  • 発生主義。未払費用の基準は、中間報告期間内で異なる場合があります。たとえば、費用は1つのレポート期間内に完全に記録されたり、その認識が複数の期間に分散されたりする場合があります。これらの問題により、中間期間に含まれる結果と財政状態は、比較ベースで検討すると、いくぶん一貫性がないように見える可能性があります。

  • 季節性。ビジネスによって生み出される収益は、季節性によって大きく影響を受ける可能性があります。もしそうなら、中間財務諸表は、年次財務諸表では明らかではない大きな損失と利益の期間を明らかにするかもしれません。

中間財務諸表は通常監査されません。監査に必要な費用と時間を考慮して、年末の財務諸表のみが監査されます。会社が公開されている場合は、代わりに四半期財務諸表がレビューされます。レビューは外部監査人によって実施されますが、レビューに含まれる活動は監査で採用される活動よりも大幅に削減されます。