純利益と純キャッシュフローの違い

純利益は、報告期間に認識された収益から、同じ期間に認識された費用を差し引いたものです。この金額は通常、発生主義の会計を使用して計算されます。この基準では、費用は関連する収益と同時に認識されます。この会計基準では、未払費用の認識を加速するための未払費用の使用、およびまだ消費されていない費用の認識を延期するための前払費用の使用が求められています。さらに、売上高は、顧客から関連する金額の現金支払いを受け取ったときではなく、獲得したときに認識されます。その結果、ある期間に実際に消費または生成された現金の金額を反映していない純利益の数値が得られます。

正味キャッシュフローは、報告期間中に企業が生み出した、または失った現金の正味の変化であり、通常、報告期間の最終日の終わりの時点で測定されます。純キャッシュフローは、期末の現金残高の期間ごとの変化を決定することによって計算され、発生主義の会計処理の影響を受けません。

純利益と純キャッシュフローのこれらの説明を考えると、純利益と純キャッシュフローの主な違いは次のとおりです。

  • 費用の発生。費用は、現金での支払いがまだ行われていない可能性のある純利益の計算に含まれています。

  • 前払い費用。発生した費用の現金支払いは、まだ消費されていないため、費用ではなく資産として記録される場合があります。

  • 繰延収益。収益は、関連する現金がすでに受領されている場合でも(おそらく顧客の預金として)、まだ獲得されていないため、純利益の計算から除外されます。

  • クレジットでの販売。関連する現金受領がまだ発生していない場合でも、収益は獲得されているため、純利益の計算に含まれます。