オーバーヘッドボリュームの差異を修正

固定間接費差異は、生産量に基づいて生産品に実際に適用される固定間接費の金額と、生産品に適用するために予算化された金額との差です。この差異は、期末原価計算レポートパッケージの一部としてレビューされます。

たとえば、企業は、500ユニットが生産されることを期待して、生産された商品に25,000ドルの固定間接費を生産ユニットあたり50ドルの割合で割り当てるための予算を立てています。ただし、実際に生産されるユニット数は600であるため、合計30,000ドルの固定間接費が割り当てられます。これにより、5,000ドルの固定オーバーヘッドボリューム差異が作成されます。

この差異の一部である固定間接費は、通常、製造プロセスで発生した固定費のみで構成されます。固定間接費の例は次のとおりです。

  • 工場賃料

  • 設備の減価償却

  • 生産監督者とサポートスタッフの給与

  • 生産設備の保険

  • ユーティリティ

特定の範囲のアクティビティ内で固定されているため、固定間接費は比較的簡単に予測できます。予測が単純なため、一部の企業は固定のオーバーヘッド割り当て率を作成し、年間を通じて使用し続けています。この割り当て率は、固定間接費の予想月額を、生産されたユニット数(または同様の活動レベルの測定値)で割ったものです。

逆に、自動化、セル生産、ジャストインタイム生産などの導入によって企業が生産システムに急速な変化を経験している場合は、固定オーバーヘッド割り当て率をさらに修正する必要があるかもしれません。頻繁に、おそらく月単位で。

割り当てベースの実際の金額が、予算割り当てレートに組み込まれている金額と異なる場合、固定のオーバーヘッドボリュームの差異が発生します。この差異が発生する可能性のある状況の例は次のとおりです。

  • 配分基準は生産台数であり、販売は季節限定であるため、月次の生産量は不規則になります。この格差は、1年の間に均等になる傾向があります。

  • 割り当てベースは直接労働時間数であり、会社は生産に使用される実際の直接労働時間数を減らす新しい効率を実装します。

  • 割り当てベースは機械時間数ですが、会社は生産のいくつかの側面を外部委託し、使用される機械時間数を減らします。

差異の累積量が時間の経過とともに大きくなりすぎる場合、企業は予算配分率を変更して、実際の量レベルとより一致させる必要があります。