直接費と間接費の違い

直接費と間接費の本質的な違いは、特定の原価対象まで追跡できるのは直接費のみであるということです。原価対象は、製品、サービス、顧客、プロジェクト、または活動など、原価がコンパイルされるものです。これらのコストは通常​​、管理活動(期間コストと見なされます)ではなく、生産活動のためのものである場合にのみ、直接または間接コストとして分類されます。

特定の製品またはアクティビティのコストを決定する場合、この概念は重要です。直接コストは常に何かのコストをまとめるために使用されますが、間接コストはそのようなコスト分析に割り当てられない場合があるためです。間接費を割り当てるための費用効果の高い方法論を導き出すのは非常に難しい場合があります。その結果、これらのコストの多くは、特定の製品が作成されていない場合やアクティビティが発生していない場合でも存在する、企業のオーバーヘッドまたは生産のオーバーヘッドの一部と見なされます。

直接費の例としては、直接労働、直接材料、手数料、ピースレート賃金、製造用品などがあります。間接費の例としては、生産監督給与、品質管理費、保険、減価償却費などがあります。

直接費は変動費になる傾向がありますが、間接費は固定費または期間費のいずれかである可能性が高くなります。