監査の目的

監査の目的は、独立した第三者が企業の財務諸表を調査することです。この審査は、ステートメントの客観的な評価であり、ステートメントが公正に提示され、適用可能な会計フレームワーク(GAAPやIFRSなど)に従っているかどうかに関する監査意見が得られます。この意見は、貸し手、債権者、投資家などのユーザーに対する財務諸表の信頼性を大幅に高めます。この意見に基づくと、財務諸表の利用者は企業に信用と資金を提供する可能性が高く、その結果、企業の資本コストが削減される可能性があります。