累積償却

累積償却額は、無形資産に対して請求されたすべての償却費の累積額です。この概念は、無形資産のグループに対してこれまでに請求されたすべての償却に適用することも意図できます。償却は、無形資産が時間の経過とともに徐々に消費されることを示すために使用されます。ほとんどの場合、定額法で計算されます。典型的な償却エントリは、償却費への借方と累積償却勘定への貸方です。

累積償却は貸借対照表に対資産勘定として記録されるため、未償却の無形資産の項目の下に配置されます。無形資産の正味額はそのすぐ下に記載されています。

累積償却額を貸借対照表の個別の項目として報告することは一般的ではありません。より一般的な表示は、減価償却累計額の項目に償却累計額を含めるか、単一の項目の償却累計額を差し引いた無形資産を表示することです。

まだ償却費が請求されていない無形資産の費用は、累積償却控除後と呼ばれ、無形資産の元の費用から累積償却額を差し引いて計算されます。

無形資産が終了すると、関連する累積償却額も貸借対照表から削除されます。

減価償却累計額は、減価償却累計額が無形資産に関連付けられているのに対し、減価償却累計額は有形資産に関連付けられているという点で、減価償却累計額とは異なります。