無形資産はいつ貸借対照表に表示されますか?

無形資産は、複数期間の耐用年数を持つ非物理的資産です。無形資産の例としては、特許、著作権、顧客リスト、文学作品、商標、放映権などがあります。貸借対照表は、会社の資産、負債、および株主資本のすべてを集計します。無形資産は資産として分類されるため、貸借対照表に表示する必要があります。ただし、これが常に当てはまるとは限りません。代わりに、会計基準は、企業が内部で生成された無形資産を認識できず(一部の例外を除く)、取得した無形資産のみを認識することを義務付けています。これは、貸借対照表に記載されている無形資産は、別の事業の買収の一環として取得された可能性が高いか、個別の資産として完全に購入されたことを意味します。

たとえば、企業が長年にわたって高額な調査を実施し、最終的にこの調査から価値のある特許を作成した場合、関連するすべての費用は発生時に費用として請求されます。無形資産を資産計上することはできません。ただし、同じ組織が別の会社から特許を購入した場合、特許を購入したため、貸借対照表で特許の公正価値を認識することができます。

この会計処理の効果の1つは、価値のあるブランドや特許を開発するために何年にもわたって莫大な金額の現金を費やしてきた多くの企業が、関連するコストを資産化していないことです。それらの貸借対照表は、それらの無形資産の実際の価値を反映していません。これは、部外者が財務諸表を熟読してビジネスの価値を理解しようとしている場合、誤解を招く可能性があります。

多くの場合、無形資産は貸借対照表に表示されませんが、これは企業に有利に働くこともあります。第1に、企業はこれらの資産の価値の継続的な消費を反映するために継続的な償却費を吸収する必要はありません。これは、全費用が前払いで費用として請求されるためです。また、会計基準では、資産の価値が突然失われると減損費用が発生し、利益に悪影響を与える可能性があるとされています。繰り返しになりますが、これらの資産のコストは前もって償却されているため、組織にはそのような料金の対象となる可能性のある無形資産はありません。