適用されたオーバーヘッド

適用間接費は、原価対象に適用された間接費の金額です。特定の会計要件を満たすにはオーバーヘッドアプリケーションが必要ですが、ほとんどの意思決定活動には必要ありません。適用される間接費には、家賃、管理スタッフの報酬、保険など、原価対象に直接割り当てることができない原価が含まれます。原価対象は、製品、製品ライン、流通チャネル、子会社、プロセス、地理的地域、または顧客など、原価がコンパイルされるアイテムです。

間接費は通常、期間ごとに一貫して採用される標準的な方法論に基づいて原価対象に適用されます。例えば:

  • 機械処理時間の使用に基づいて、製品に工場のオーバーヘッドを適用します

  • 子会社の収益、利益、または資産レベルに基づいて、子会社に企業間接費を適用します

たとえば、企業は、使用されるマシン時間の1時間あたり25ドルの標準的なオーバーヘッド適用率に基づいて、製品にオーバーヘッドを適用します。会計期間に使用された機械時間の合計は5,000時間であったため、同社はその期間に生産されたユニットに125,000ドルの間接費を適用しました。

別の例として、コングロマリットには10​​,000,000ドルの企業間接費があります。その子会社の1つは、総企業収益の35%を生成するため、企業間接費の$ 3,500,000がその子会社に請求されます。

適用されるオーバーヘッドの量は、通常、かなり長い間隔でのみ変更される標準の適用率に基づいています。したがって、適用される間接費の金額は、個々の会計期間に企業が負担する実際の間接費の金額とは異なる場合があります。 2つの数値間の分散は、複数の期間にわたって平均してゼロになると想定されています。そうでない場合は、オーバーヘッドの適用率が変更され、実際のオーバーヘッドとより密接に一致するようになります。

原価対象に割り当てられると、割り当てられた間接費は、その原価対象の全原価の一部と見なされます。原価対象の全原価を記録することは、一般に認められた会計原則や国際財務報告基準などの主要な会計フレームワークの下で適切であると見なされます。これらのフレームワークの下では、適用される間接費は事業の財務諸表に含まれます。

適用されるオーバーヘッドは、多くの意思決定状況では適切であるとは見なされません。たとえば、本社のスタッフの活動が子会社のより高い利益の獲得を支援していなくても、子会社に適用される企業間接費の額はその利益を減少させます。同様に、製品に工場のオーバーヘッドを適用すると、特定の顧客注文の短期価格を設定する目的で、実際のコストがわかりにくくなる場合があります。その結果、適用された間接費は、ある種の意思決定の目的で原価対象から取り除かれる可能性があります。