中間報告

中間報告は、会計年度より短い期間の財務結果の報告です。中間報告は通常、公開されている会社に必要であり、通常、毎年3つの四半期財務諸表の発行を伴います。これらのステートメントは次のとおりです。

  • バランスシート。現在の中間期間の終わりおよび直前の会計年度の時点。

  • 損益計算書。現在の中間期間、現在までの会計年度、および直前の会計年度の対応する期間。

  • キャッシュフロー計算書。現在の会計年度の累計期間、および直前の会計年度の対応する期間。

公開会社が発行する中間報告の正確な形式と内容は、証券取引委員会によって定義されています。これらのレポートは、完全な監査を受けるのではなく、会社の監査人によってレビューされます(これらのレポートが一般に公開される速さを考えると、これは非現実的です)。

中間報告書を作成する際に考慮すべきいくつかの要因があります。それは次のとおりです。

  • 会計上の変更。会計方針または会計上の見積りに変更があった場合は、それが発生した中間期間の変更の結果を報告してください。会計方針に変更があった場合は、前期の中間結果を再表示する必要がありますが、会計上の見積りに変更があった場合は再表示しないでください。

  • 会計方針。通年財務諸表の作成に使用されたのと同じ会計方針を中間財務諸表の作成に一貫して適用します。今年度の通期決算に新たな会計方針を適用する場合は、中間期にも使用してください。

  • 売上原価。実地棚卸を行っていない場合は、見積り方法を使用して中間期間の売上原価を算出することもできます。

  • 経費認識。費用が追跡可能な期間の費用に支出を請求します。費用が複数の中間期間に影響を与える場合は、費用の認識を延期し、それらの期間にわたって認識することができます。

  • LIFO層の清算。中間期間中にLIFO在庫レイヤーを清算し、会計年度末までに交換する予定の場合は、中間期間に販売された商品の原価に、清算されたものを交換する予定の原価で販売されたユニットを含めます。 LIFOレイヤー。

  • 市場は衰退します。棚卸資産の市場価格が下落した場合は、中間期に関連する損失を認識してください。会計年度の後半に市場価格の上昇があった場合、この損失を元に戻すことができます。

  • マテリアリティ。項目が中間期にとって重要であるが、会計年度全体にとって重要ではない場合は、中間報告書で個別に開示します。

  • 数量割引。顧客の年間購入額に基づいて数量割引を付与する場合は、顧客の年間購入額に基づいて、各中間期間に事前に割引を発生させる必要があります。

  • 遡及調整。原則として、会計年度内の過去の中間期間を遡及的に調整しないでください。例外は、唯一の調整の影響は通期の継続事業の業績に重大である場合に許可されている、の調整の一部は、特定の中間期に結ばれ、そしてあなたは、前調整量を推定していませんでした現在の中間期間に。

  • 季節的または周期的な収益。獲得した場合にのみ、季節的または周期的な収益を認識することができます。暫定期間中にそれらを発生または延期することはできません。

  • トランザクション認識。中間期の会計取引の認識は、中間期だけでなく、通年の会社の業績に期待するものに基づいて行う必要があります。たとえば、通年の予想加重平均所得税率に基づいた中間期間の法人税費用を認識する必要があります。この処理により、見積りを精緻化する際に、後の中間期間に一連の見越調整が発生する可能性があります。

株式非公開企業も中間報告を発表しています。ただし、これらのレポートは通常、内部でのみ配布されるため、コンテンツと形式に関するルールはそれほど具体的ではありません。