未払責任

未払債務は、通常、サプライヤーの請求書などの確認文書がない場合に、企業が引き受けた義務です。この概念の最も一般的な使用法は、企業がサプライヤーによって提供された商品またはサービスを消費したが、サプライヤーからの請求書をまだ受け取っていない場合です。会計期間の終わりまでに請求書が届かない場合、会計スタッフは未払債務を記録します。この金額は通常、受信ログの数量情報と承認発注書の価格情報に基づいています。未払債務エントリの目的は、発生した期間の費用または義務を記録することです。

未払債務の仕訳は、通常、費用勘定への借方と未払債務勘定への貸方です。次の会計期間の開始時に、エントリは取り消されます。関連する仕入先請求書が次の会計期間に受領された場合、請求書は会計システムに入力されます。これらのトランザクションの効果は次のとおりです。

  1. 最初の期間では、費用は仕訳に記録されます。

  2. 2番目の期間では、仕訳入力が取り消され、サプライヤの請求書が入力されます。2番目の期間の正味ゼロ入力です。

したがって、これらの取引の正味の効果は、費用の認識が時間的に前にシフトすることです。

ほとんどの未払債務は、逆の未払金として作成されるため、会計ソフトウェアは次の期間にそれらを自動的にキャンセルします。これは、サプライヤの請求書が次の期間に到着することを期待している場合に発生します。

未払負債は、貸借対照表から取り消されるまで、通常は流動負債セクションの貸借対照表に表示されます。

未払債務の例は次のとおりです。

  • 未収利息費用。会社には未払いのローンがあり、会計期間の終了時に貸し手からまだ請求されていない利息があります。

  • 未払給与税。企業は、従業員に報酬を支払うときに、いくつかの種類の給与税を支払う義務があります。

  • 未払年金債務。会社は、年金制度の下で得られた給付について、将来のある時点で従業員に支払う義務を負います。

  • 発生したサービス。サプライヤーは会社にサービスを提供しますが、従業員のタイムシートから請求書をまとめるのに時間がかかるため、会計期間の終わりまでに会社に請求していません。

  • 未払賃金。会社は、会計期間の終了時に時給の従業員に賃金を支払う義務があり、次の期間まで賃金を支払う予定はありません。