過剰生産能力

過剰生産能力とは、企業の商品やサービスに対する需要が生産能力を下回っている状況を指します。この状況は、季節のピーク部分に合わせて容量が維持される季節産業の最悪の時期に発生する可能性があります。過剰な容量は、顧客の需要が恒久的に減少した場合にも発生する可能性があります。これは、企業がコストを削減するために容量の量を削減する機会となる可能性があります。

業界に余剰能力がある場合、価格は下落する傾向があります。これは、生産者が固定費を支払うためにできるだけ多くのユニットを販売したいと考えており、より多くのビジネスを引き付けるために価格を下げようとしているためです。この状況は、財政的に弱い企業の破産につながる可能性があります。