回収方法| 回収期間の計算式

回収期間は、資産に投資された金額をその純キャッシュフローから回収するために必要な時間です。これは、提案されたプロジェクトに関連するリスクを評価する簡単な方法です。投資家の初期費用はより短い期間のリスクにさらされるため、投資回収期間がより短い投資がより良いと見なされます。回収期間の導出に使用される計算は、回収方法と呼ばれます。回収期間は、年と年の​​端数で表されます。たとえば、ある会社が新しい生産ラインに300,000ドルを投資し、その生産ラインが年間100,000ドルのプラスのキャッシュフローを生み出す場合、回収期間は3。0年になります(初期投資$ 300,000÷年間回収$ 100,000)。

回収方法の式は単純です。現金支出(プロジェクトの開始時に完全に発生すると想定される)を、プロジェクトによって1年に生成される正味キャッシュインフローの量(すべてで同じであると想定される)で除算します。年)。

回収期間の例

Alaskan Lumberは、50,000ドルの費用がかかり、年間10,000ドルの純キャッシュフローを生み出すバンドソーの購入を検討しています。この設備投資の回収期間は5。0年です。アラスカはまた、コンベアシステムを36,000ドルで購入することを検討しています。これにより、製材所の輸送コストが年間12,000ドル削減されます。この設備投資の回収期間は3。0年です。アラスカがこれらのプロジェクトの1つに投資するのに十分な資金しかなく、投資決定の基礎として回収方法のみを使用している場合、回収期間が短いため、コンベアシステムを購入します。

回収方法の長所と短所

回収期間は、初期投資がリスクにさらされる時間の長さをすばやく把握できるため、リスク分析の観点から役立ちます。投資回収方法を使用して将来の投資を分析する場合、投資回収期間が短い投資を受け入れ、投資期間が長い投資を拒否する傾向があります。これは、投資がすぐに陳腐化し、初期投資の完全な回収が深刻な懸念事項となる業界でより役立つ傾向があります。回収方法はその単純さから広く使用されていますが、次のような問題があります。

  1. 資産の寿命。資産の耐用年数が初期投資の返済直後に満了した場合、追加のキャッシュフローを生み出す機会はありません。回収方法には、資産の耐用年数に関する仮定は組み込まれていません。

  2. 追加のキャッシュフロー。この概念は、完全な回収が達成された後の期間への投資から生じる可能性のある追加のキャッシュフローの存在を考慮していません。

  3. キャッシュフローの複雑さ。この公式は単純すぎて、設備投資で実際に発生する多数のキャッシュフローを説明できません。たとえば、定期的なアップグレードのための現金支出など、いくつかの段階で現金投資が必要になる場合があります。また、現金の流出は、顧客の需要や競争の激しさによって異なり、時間の経過とともに大幅に変化する可能性があります。

  4. 収益性。回収方法は、初期投資の返済に必要な時間のみに焦点を当てています。プロジェクトの最終的な収益性はまったく追跡されません。したがって、この方法は、投資回収が短いが全体的な収益性がないプロジェクトは、長期的な回収が必要であるがかなりの長期的な収益性があるプロジェクトよりも優れた投資であることを示している可能性があります。

  5. お金の時間価値。この方法では、後の期間に生成された現金の価値が現在の期間に獲得された現金よりも少ない、お金の時間価値は考慮されません。割引回収式として知られる回収期間式のバリエーションは、お金の時間価値を計算に組み込むことにより、この懸念を排除します。貨幣の時間価値を含む他の資本予算分析方法は、正味現在価値法と内部収益率です。

  6. 個々の資産の方向性。多くの固定資産の購入は、単一の操作の効率を改善するように設計されています。これは、その操作の下流にプロセスのボトルネックがあり、ビジネスがより多くの出力を生成する能力を制限している場合、まったく役に立ちません。回収期間の式は、システム全体の出力を考慮せず、特定の操作のみを考慮します。したがって、その使用は戦略レベルよりも戦術レベルで行われます。

  7. 誤った平均化。計算の分母は、数年間のプロジェクトからの平均キャッシュフローに基づいていますが、予測されたキャッシュフローの大部分が将来の予測の一部である場合、計算によって誤って回収期間が早すぎます。 。次の例は、問題を示しています。

回収方法の例#2

ABC Internationalは、次の表に従って、キャッシュインフローをもたらす機器に1,500,000ドルを費やすように求める提案をマネージャーから受け取りました。