在庫コストフローの仮定

在庫コストフローの仮定では、在庫アイテムのコストは、取得または構築されたときと販売されたときから変化することが示されています。このコスト差のため、管理者は、在庫が販売可能な商品に移行するときに、在庫にコストを割り当てるための正式なシステムを必要としています。

たとえば、ABCInternationalは1月1日にウィジェットを50ドルで購入します。7月1日に同じウィジェットを70ドルで購入し、11月1日にさらに別の同じウィジェットを90ドルで購入します。製品は完全に交換可能です。12月1日、同社はウィジェットの1つを販売しました。ウィジェットを3つの異なる価格で購入したので、売上原価についてどのくらいのコストを報告する必要がありますか?コストフローの仮定を解釈する方法はいくつかあります。例えば:

  • FIFOコストフローの仮定。先入れ先出し法では、最初に購入した商品が最初に販売した商品でもあると想定します。したがって、売上原価は50ドルになります。これは例で最も低コストのアイテムであるため、FIFOの下で利益が最も高くなります。

  • LIFOコストフローの仮定。後入れ先出し方式では、最後に購入したアイテムが最初に販売したアイテムでもあると想定します。したがって、売上原価は90ドルになります。これは例で最もコストの高いアイテムであるため、LIFOでは利益が最も低くなります。

  • 特定の識別方法。特定の識別方法では、購入してから販売する特定のアイテムを物理的に識別できるため、実際に販売されたアイテムに応じてコストフローが移動します。ほとんどのアイテムは個別に識別できないため、これはまれな状況です。

  • 加重平均コストフローの仮定。加重平均法では、売上原価は3つのユニットすべての平均コスト、つまり70ドルです。このコストフローの仮定は、ミッドレンジのコスト、したがってミッドレンジの利益を生み出す傾向があります。

コストフローの仮定は、必ずしも実際の商品のフローと一致するとは限りません(その場合、ほとんどの企業はFIFO方式を使用します)。代わりに、実際の使用量とは異なるコストフローの仮定を使用することができます。このため、企業は、利益を最小化する(所得税を最小化するため)か、利益を最大化する(株価を上げるため)コストフローの仮定を選択する傾向があります。

材料価格が上昇している時期には、LIFO法により、売上原価が高くなり、利益が低くなり、したがって所得税が低くなります。材料価格が下落している時期でも、FIFO法では同じ結果が得られます。

コストフローの仮定は、在庫コストが長期にわたって比較的安定している場合はマイナーな項目です。これは、どのコストフローの仮定を使用しても、売上原価に特別な違いがないためです。逆に、時間の経過に伴う在庫コストの劇的な変化は、使用されるコストフローの仮定に応じて、報告される利益レベルにかなりの違いをもたらします。したがって、会計士は、コストが変動する期間における在庫コストフローの仮定の財務的影響に特に注意する必要があります。

加重平均法を使用する場合、前述の問題はすべてそれほど重要ではありません。このアプローチは、時間の経過とともに平均利益レベルと課税所得の平均レベルを生み出す傾向があります。

LIFO法はIFRSでは許可されていないことに注意してください。将来、このスタンスが他の会計フレームワークで採用された場合、LIFO法がコストフローの仮定として利用できない可能性があります。