購入の定義

購入とは、購入エンティティに代わって商品やサービスを組織的に取得することです。必要なアイテムをタイムリーかつリーズナブルなコストで確実に入手するには、購買活動が必要です。購買部門は、大量の原材料やコンポーネントを定期的に入手する必要がある製造業で特に必要です。購買部門の主な目標は次のとおりです。

  • バイヤーの要件に従って商品やサービスを提供できるサプライヤーを見つけること。

  • バイヤーの品質仕様を満たすアイテムを購入するため。

  • 必要に応じて商品が利用可能であることを保証しながら、原材料在庫への投資を最小限に抑えるバイヤーの敷地内への配達の流れを作成すること。

  • 在庫に投資される現金の量を最小限に抑えるため。

一般的な購買活動は次のとおりです。

  • 会社全体から購買依頼を受け取り、確認します。

  • バイヤーのニーズを満たすことができる資格のあるサプライヤーを探します。

  • 提案依頼書(RFP)文書を準備し、資格のあるサプライヤーに発行します。

  • RFPに対するサプライヤの応答を評価し、勝者を選択して、契約を交渉します。

  • 購入を承認するサプライヤに発注書を発行します。マスター発注書は、購買契約の下で多数の出荷が検討されている場合に発行される場合があります。

  • 期間が長い契約を管理します。

  • 開いている注文書を確認して、閉じる必要があるかどうかを確認します。

入札手続きの乱用や発注書の発行などにより、事務処理で購買機能が行き詰まる傾向にあります。ほとんどの購入で入札を唯一のソースの取り決めに置き換えることで、機能を合理化できます。また、調達カードを使用して低コストで購入できるようになったため、注文書を使用する必要がなくなりました。

購買部門は、自立型の購買ソフトウェアパッケージを運用できますが、システムは、受け取り機能と買掛金機能のソフトウェアに統合されていると、より効果的です。

同類項

購入は調達とも呼ばれます。