額面在庫なし

額面株式は、株券の表面に額面が記載されていない状態で発行された株式です。歴史的に、額面価格は、会社が最初に株式を売却したときの価格でした。株式の市場価格が額面価格との差額の額面価格を下回った場合、会社は株主に対して理論上の責任を負います。

企業は、この理論上の責任を回避するために、額面を可能な限り低く設定します。額面価格が1株あたり0.01ドルに設定されているのが一般的です。これは、通貨の最小単位です。一部の州では、企業が額面価格なしで株式を発行することを許可しているため、発行者が株主に支払う理論上の負債がなくなります。普通株式に額面価格がない場合、会社は発行する株券の表面に「額面価格なし」と印刷します。この情報は、発行者の定款にも記載されている場合があります。

会社に額面株式がない場合、株式の価格を決定するための最小ベースラインは事実上ありません。そのため、価格は、発行体の認識された価値に基づいて、投資家が支払う意思のある金額によって決定されます。これは、キャッシュフロー、業界の競争力、テクノロジーの変化など、さまざまな要因に基づいている可能性があります。

会社が投資家に額面株式を販売しない場合、受け取った現金を借方に記入し、普通株式口座に貸方記入します。代わりに、会社が額面価格の投資家に普通株式を売却した場合、売却した株式の額面金額まで普通株式口座に貸方記入し、追加の払込資本勘定に貸方記入します。株式の額面を超えて投資家が支払った追加価格の金額。

たとえば、ABC Internationalは、額面価格のない株式1,000株を1株あたり10ドルで投資家に販売しています。このエントリでトランザクションを記録します。