無利息ノートの会計処理

非利付債は、借り手が貸し手に任意の利率を支払うための文書化された要件がない債務です。そのような手形が第三者に転売された場合、債務は額面割引で売却されるため、第三者の購入者は、借り手が額面で償還したときに最終的に利益を実現します。

無利息債が債券である場合、発行者は大幅な割引で債券を販売し、満期日に債券の額面を返済することを約束します。このアプローチにより、発行者は債券の定期的な利息支払いを回避できます。代わりに、発行者によるすべての現金支払い義務は、債券の満期日に集中します。

非利付債の保有者は、商品に帰属する利息収入を認識する必要があります。これには、次の手順が必要です。

  1. 市場金利に基づいて割り引いた、ノートの現在価値を計算します。

  2. 市場金利にノートの現在価値を掛けて、受取利息の金額を算出します。

  3. 受取利息を受取利息の貸方および資産勘定への借方としてノートへの投資として記録します。時間の経過とともに、受取利息の認識に関連する継続的な一連の借方により、資産額が手形の額面まで増加します。

  4. 発行者が手形を返済するとき、手形への投資のために現金への借方と資産勘定への貸方を記録します。

支払利息が記録され、債務が額面で返済されるまで、支払手形負債勘定の価値が徐々に増加することを除いて、同じアプローチが手形の発行者によって使用されます。

同類項

無利子債は、ゼロクーポン債とも呼ばれます。