購入アカウント

購入勘定は、企業の在庫購入が記録される総勘定元帳勘定です。このアカウントは、定期在庫システムで販売可能な在庫の量を計算するために使用されます。

定期的なシステムでは、購入した在庫の量が期間全体で編集され、最初の在庫に追加されて、販売可能な在庫の量に到達します。期間の終了時の物理的なカウントにより、終了在庫評価が確立されます。これは、販売可能な在庫の量から差し引かれ、その期間に販売された商品の原価になります。したがって、購入アカウントの内容が使用される計算は次のとおりです。

(開始在庫+購入-終了在庫)=売上原価

購入アカウントは、在庫購入および使用トランザクションが在庫レコードを即座に更新する永続的な在庫システムでは使用されません。これは、(レポート期間の終了時だけでなく)常に正確なレコード残高を維持することを目的としています。

定期在庫システムの例として、ABCInternationalの開始在庫残高は$ 800,000で、その月に$ 2,200,000の在庫を購入します。月末に実地棚卸を実施し、最終在庫残高$ 1,100,000に到達します。したがって、その月のABCの売上原価は$ 1,900,000であり、次のように計算されます。

($ 800,000開始在庫+ $ 2,200,000購入-$ 1,100,000終了在庫)

購入アカウントに記録される金額は、販売の準備をするために後続の変換が必要になる原材料の場合もあれば、完成した商品の場合もあります。