同等の生産単位

同等の生産単位は、会計期間の終了時に仕掛品在庫に適用される用語です。これは、まだ完成していないアイテムについて、その期間中に発生した直接材料、直接労働、および製造間接費の量を考慮して、企業が理論的に生産できたアイテムの完成ユニットの数です。つまり、100ユニットが処理中であるが、処理コストの40%しか費やしていない場合、40の同等の生産ユニットがあると見なされます。

等価単位は、原価計算のプロセス原価計算で使用される原価計算の概念です。運用の観点からは関連性がなく、プロセス原価計算以外の他のタイプの原価導出にも役立ちません。

直接材料は通常、製造プロセスの最初に追加され、その他のすべてのコストは、材料が徐々に製造プロセスを進むにつれて発生するため、同等の生産単位は通常、直接材料と他のすべての製造費用について別々に記載されます。したがって、直接材料の同等の単位は、一般的に他の製造費よりも高くなります。

同等の生産単位にコストを割り当てる場合、通常、最初の在庫と新規購入の加重平均コストを直接材料に割り当てるか、在庫の最も古い在庫のコスト(先入れ先出し、または先入れ先出しとして知られています)を割り当てます。 FIFO、メソッド)。2つの方法のうち、より単純な方法は加重平均法です。FIFO方式の方が正確ですが、追加の計算は費用対効果のトレードオフを表すものではありません。管理者がコストの傾向を確認できるように、コストが期間ごとに大幅に異なる場合にのみ、FIFO方式の使用を検討してください。

同等の生産単位の例

ABC Internationalには、大量のグリーンウィジェットを製造する製造ラインがあります。直近の会計期間の終わりに、ABCには1,000個の緑色のウィジェットがまだ作成中でした。グリーンウィジェットの製造プロセスでは、プロセスの開始時にすべての材料を製造現場に送付し、ウィジェットが完了したと見なされる前にさまざまな処理ステップを追加する必要があります。期間の終わりに、ABCは、1,000個の緑色のウィジェットを完成させるために必要な人件費と製造間接費の35%を負担していました。その結果、材料には1,000相当のユニットがあり、直接労働と製造間接費には350相当のユニットがありました。