取得原価

取得原価は、企業の会計記録に記録されている資産の元の原価です。組織の会計記録に記録されている取引の多くは、取得原価で表示されます。この概念は、資産、負債、または株式投資のみを元の取得コストで記録する必要があるというコスト原則によって明確にされています。

取得原価は、ソースの購入または取引文書にアクセスすることで簡単に証明できます。ただし、取得原価には、資産の実際の公正価値を必ずしも表していないという欠点があり、時間の経過とともに購入原価から逸脱する可能性があります。たとえば、20年前に購入したオフィスビルの取得原価は1,000万ドルでしたが、現在の市場価値はその3倍です。

会計基準によると、取得原価は時間の経過とともに調整が必要です。減価償却費は長期資産について記録されるため、見積耐用年数にわたって記録された価値が減少します。また、資産の価値が減価償却調整後のコストを下回った場合、資産の記録されたコストを正味実現可能価額まで下げるために減損費用を負担する必要があります。どちらの概念も、資産の記録されたコストの控えめな見方を与えることを目的としています。

取得原価は、交換費用(同じ資産を今すぐ購入するために支払う金額)やインフレ調整後の費用(元の購入価格と累積的な上方修正)など、資産に割り当てることができる他のさまざまな費用とは異なります。購入日以降のインフレ)。

取得原価は依然として資産を記録するための中心的な概念ですが、市場性のある投資など、一部の種類の資産では公正価値がそれを置き換えています。取得原価を公正価値の尺度で継続的に置き換えることは、取得原価が組織の過度に保守的な状況を示しているという議論に基づいています。