定期在庫システム

定期在庫システムの概要

定期在庫システムは、実地棚卸が実行された場合にのみ、総勘定元帳の最終在庫残高を更新します。実地棚卸には時間がかかるため、四半期または年に1回以上行う企業はほとんどありません。その間、会計システムの在庫勘定には、最後の実地棚卸カウントの時点で記録された在庫の原価が引き続き表示されます。

定期在庫システムでは、実地棚卸の間に行われたすべての購入は、購入アカウントに記録されます。実地棚卸が行われると、購入勘定の残高が在庫勘定にシフトされ、最終在庫のコストに一致するように調整されます。

定期在庫システムで販売された商品の原価の計算は次のとおりです。

開始在庫+購入=販売可能な商品のコスト

販売可能な商品のコスト–最終在庫=販売された商品のコスト

たとえば、MilagroCorporationの開始在庫は$ 100,000で、購入に$ 170,000を支払い、実地棚卸数は$ 80,000の終了在庫コストを示しています。売上原価の計算は次のとおりです。

$ 100,000開始在庫+ $ 170,000購入-$ 80,000終了在庫

= $ 190,000売上原価

定期在庫会計

定期在庫システムでは、会社が行った在庫購入は、最初に次の仕訳入力を持つ購入(資産)勘定に保管されます。