自己株式会計| 原価法と建設的除却法

自己株式の概要

企業は自社株を買い戻すことを選択する場合があり、それは自己株式と呼ばれます。経営陣は、これらの株式を永久に消却することを意図している場合もあれば、後日再販または再発行のために保有することを意図している場合もあります。自社株買いの一般的な理由は次のとおりです。

  • 総株式数を減らし、一株当たり利益を増やすことを目的とした自社株買いプログラム。このアクションは、特に価格が特定のしきい値レベルを下回ったときに会社が自社株を購入する方針を持っている場合、株の価格を上げる可能性もあります。

  • 会社が事業の支配権を獲得しようとしている誰かから株を買い戻すことを余儀なくされたとき。

  • 会社が株式の再取得を最初に拒否する権利を有する場合。

  • 経営陣が株式公開企業を非公開にしたい場合、そのために株主数を減らす必要があります。

  • 企業は余剰現金の代替用途がないため、株式の買戻しにそれを使用することを選択します。

買い戻された株式は、議決権の対象とはならず、また、公開企業によって報告される1株当たり利益の計算に含まれるべきではありません。

自己株式の会計処理の2つの側面は、会社による株式の購入と、それらの株式の転売です。次に、これらの自己株式取引を扱います。

原価法

株式の買戻しを会計処理するための最も単純で最も広く使用されている方法は、原価法です。会計は次のとおりです。

  • 買い戻し。買戻しを記録するには、購入の全額を自己株式勘定に記録するだけです。

  • 再販。自己株式が後日転売される場合は、売却価格を自己株式勘定と相殺し、買戻し費用を超える売上を追加払込資本勘定に貸方記入します。売却価格がレポ取引よりも低い場合は、前の自己株式取引から残っている追加の払込資本に差額を請求し、追加の払込資本勘定に残額がない場合は利益剰余金に残額を請求します。

  • 引退。経営陣が原価法で既に会計処理している株式を永久に除却することを決定した場合、元の株式売却に関連する額面価格と追加払込資本を取り消し、残りの金額は利益剰余金に請求されます。

原価法の例

Armadillo Industriesの取締役会は、額面1ドルの自社株50,000株の買い戻しを承認します。同社は当初、売上高をそれぞれ12ドル、つまり合計600,000ドルで販売していました。同額の自社株買いを行います。コントローラは、次のエントリを使用してトランザクションを記録します。