試算表の目的

試算表の目的は、組織の総勘定元帳に入力されたすべてのエントリのバランスが適切であることを確認することです。試算表には、各総勘定元帳勘定の期末残高が一覧表示されます。各会計仕訳の借方と貸方の合計金額は一致するはずです。したがって、試算表の借方合計と貸方合計が一致しない場合、これは、不均衡な1つ以上のトランザクションが総勘定元帳に記録されたことを示します。

実用的な観点から、会計ソフトウェアパッケージでは、ユーザーが総勘定元帳に不均衡なエントリを入力することはできません。これは、コンピューター化されたシステムを持つエンティティでは試算表が必要ないことを意味します。企業がまだ手動の記録管理を使用している場合、そのようなシステムで不均衡なエントリを作成する可能性があるため、試算表の方が価値があります。

手動記録保持システムを使用する場合、試算表は財務諸表の作成にも使用されます。これは、試算表の勘定残高が財務諸表にある明細に手動で集計されることを意味します。

監査人も試算表を使用します。彼らは監査の早い段階でそれを要求し、このレポートから監査ソフトウェアに最終勘定残高を転送します。次に、監査手順を使用してこれらのバランスをテストします。