特許を説明する方法

特許は無形資産と見なされます。これは、特許には物理的な実体がなく、所有者に長期的な価値を提供するためです。そのため、特許の会計処理は、他の無形固定資産の会計処理と同じです。

  • 最初の記録。特許を取得するためのコストを初期資産コストとして記録します。企業が特許出願を申請する場合、この費用には、登録、文書化、および出願に関連するその他の法的費用が含まれます。代わりに会社が他の当事者から特許を購入した場合、購入価格は初期資産コストです。

  • 償却。特許の所有者は、通常、定額法を使用して、特許の耐用年数にわたって費用として特許の費用を徐々に請求します。

  • 減損。特許が価値を提供しなくなった場合、または価値のレベルが低下した場合は、減損を認識して資産の帳簿価額を削減または排除します。

  • 認識の中止。会社が特許取得済みのアイデアを使用しなくなったら、特許資産勘定の残高を貸方に記入し、累積償却勘定の残高を借方に記入することにより、資産の認識を中止できます。認識の中止時に資産が完全に償却されていない場合、残りの未償却残高は損失として記録する必要があります。

特許を会計処理するときは、次の追加の点を考慮してください。

  • 研究開発費。特許を取得しているアイデアを開発するために必要な研究開発(R&D)コストは、特許の資産計上されたコストに含めることができないことに注意してください。これらの研究開発費は、代わりに発生時に費用として請求されます。この治療の基本は、研究開発は本質的にリスクがあり、将来の利益が保証されないため、資産と見なされるべきではないということです。

  • 耐用年数。特許資産は、特許によって提供される保護の存続期間を超えて償却されるべきではありません。特許の予想耐用年数がさらに短い場合は、償却目的で耐用年数を使用してください。したがって、特許の耐用年数とその法的耐用年数の短い方を償却期間に使用する必要があります。

  • 大文字の制限。実際には、特許を取得するためのコストは非常に小さいため、会社の資本制限を満たしていないか、超えていない可能性があります。その場合、これらの費用を発生時に費用として請求します。資本制限が高い多くの大企業では、これは、特許が他のエンティティから多額の金額で購入されていない限り、資産として記録されることはめったにないことを意味します。