財務会計と管理会計の違い

よくある質問は、財務会計と管理会計の違いを説明することです。それぞれが明確に異なるキャリアパスを伴うためです。一般に、財務会計は会計情報を財務諸表に集約することを指し、管理会計はビジネストランザクションを会計処理するために使用される内部プロセスを指します。財務会計と管理会計にはいくつかの違いがあり、次のカテゴリに分類されます。

  • 集約。財務会計は、事業全体の結果について報告します。管理会計は、ほとんどの場合、製品、製品ライン、顧客、地域ごとの利益など、より詳細なレベルでレポートします。

  • 効率。財務会計はビジネスの収益性(したがって効率性)について報告しますが、管理会計は具体的に何が問題を引き起こしているのか、そしてそれらをどのように修正するのかについて報告します。

  • 実証済みの情報。財務会計では、記録をかなりの精度で保持する必要があります。これは、財務諸表が正しいことを証明するために必要です。管理会計は、証明され検証可能な事実ではなく、見積もりを扱うことがよくあります。

  • レポートの焦点。財務会計は、会社の内外で配布される財務諸表の作成を目的としています。管理会計は、企業内でのみ配布される運用レポートに関心があります。

  • 標準。財務会計はさまざまな会計基準に準拠する必要がありますが、管理会計は、情報が内部消費のために編集されるときに、どの基準にも準拠する必要はありません。

  • システム。財務会計は、企業が利益を生み出すために持っているシステム全体には注意を払わず、その結果だけに注意を払います。逆に、管理会計は、ボトルネック操作の場所、およびボトルネックの問題を解決することによって利益を高めるためのさまざまな方法に関心があります。

  • 期間。財務会計は、企業がすでに達成した財務結果に関係しているため、歴史的な方向性があります。管理会計は予算と予測に対処する可能性があるため、将来の方向性を持つことができます。

  • タイミング。財務会計では、会計期間の終了後に財務諸表を発行する必要があります。管理会計は、管理者がすぐにそれを見ることができれば、それが提供する情報が最も関連性があるので、はるかに頻繁にレポートを発行する可能性があります。

  • 評価。財務会計は資産と負債の適切な評価に対処するため、減損や再評価などに関与します。管理会計はこれらの項目の価値には関係せず、生産性のみに関係します。

また、これらの各分野で一般的に見られる会計認定にも違いがあります。公認会計士の指定を受けた人は財務会計の訓練を受けており、公認管理会計士の指定を受けた人は管理会計の訓練を受けています。

給与水準は、財務会計の分野では高く、管理会計の分野ではやや低くなる傾向があります。おそらく、財務会計に完全に精通するためには、より多くのトレーニングが必要であるという認識があるためです。