会計上の調整

会計調整は、特定の日付の時点でビジネスの会計記録にまだ含まれていないビジネストランザクションです。ほとんどのトランザクションは、最終的には、(たとえば)サプライヤの請求書、顧客の請求、または現金の受領の記録を通じて記録されます。このようなトランザクションは通常、そのために特別に設計された会計ソフトウェアのモジュールに入力され、ユーザーに代わって会計エントリを生成します。

ただし、そのような取引が会計期間の終了時点でまだ記録されていない場合、またはエントリにトランザクションの影響が誤って記載されている場合、会計スタッフは調整エントリの形で会計調整を行います。これらの調整は、会社の報告された財務結果を、一般に認められた会計原則や国際財務報告基準などの関連する会計フレームワークの指示に準拠させるように設計されています。調整は、主に発生主義の会計の下で使用されます。このような会計調整の例は次のとおりです。

  • 貸倒引当金や在庫陳腐化準備金など、準備金勘定の金額を変更する。

  • まだ請求されていない収益を認識する。

  • 請求されたがまだ獲得されていない収益の認識を延期する。

  • まだ受け取っていないサプライヤーの請求書の費用を認識します。

  • 会社に請求されたが、会社がまだ資産を支出していない費用の認識を延期する。

  • 前払費用を費用として認識する。

これらの会計調整の一部は、エントリを取り消すことを目的としています。つまり、次の会計期間の開始時に取り消されることになっています。特に、未収収益と費用は取り消す必要があります。そうしないと、経理スタッフが注意を怠ると、これらの調整が帳簿に永久に残る可能性があり、将来の財務諸表が不正確になる可能性があります。反転エントリは、将来の期間に自動的に反転するように設定できるため、このリスクを排除できます。

会計調整は、会社が会計原則の変更を採用した前の期間にも適用できます。このような変更があった場合は、以前の会計期間に繰り戻されるため、複数の期間の財務結果を比較できます。