減価償却税シールド

減価償却税シールドは、課税所得から減価償却費を差し引く減税手法です。減価償却が納税者を所得税から保護する金額は、適用される税率に減価償却額を掛けたものです。たとえば、適用される税率が21%で、控除できる減価償却額が$ 100,000の場合、減価償却税シールドは$ 21,000になります。

減価償却税シールドの使用を計画している人は、加速償却の使用を検討する必要があります。このアプローチにより、納税者は、固定資産の耐用年数の最初の数年間は課税対象の費用としてより多くの減価償却を認識し、その後の耐用年数ではより少ない減価償却を認識することができます。加速償却を使用することにより、納税者は課税所得の認識を後年まで延期することができ、それによって政府への所得税の支払いを延期することができます。

減価償却税シールドの使用は、減価償却できる固定資産が大量にある資産集約型の業界に最も適しています。逆に、サービス事業は固定資産が(あるとしても)ほとんどない可能性があるため、税のシールドとして使用するための重要な減価償却費はありません。

税シールドの概念は、減価償却が税控除として許可されていない一部の政府管轄区域では適用されない場合があります。または、この概念は適用可能かもしれませんが、加速償却が許可されていない場合は影響が少なくなります。この場合、定額法による減価償却が許容減価償却額の計算に使用されます。

納税申告書の作成を外部委託している組織では、納税申告書作成者は、納税申告書に含めるための最も積極的な許容加速償却を計算するために、減価償却資産の個別のリストを維持する責任を負う場合があります。一方、同社は財務諸表報告のために独自の減価償却計算を維持しており、定額法を使用する可能性が高くなっています。この代替処理により、財務諸表の作成に簡単な減価償却方法を使用できるようになり、決算プロセスの迅速化に貢献できます。

関連コース

法人税計画

法人税ミニコース